心と体の土台作り屋さん~生活plus~愛知

生活plusでは、もう少し元気で頑張りたい方の、心と体の土台を作るために ご自身に合った生活スタイル・食の改善、栄養補給などをご提案し 元気で楽しく日常生活が過ごせるよう、サポートいたします。

コラム

ビタミン

ビタミンB6(水溶性)

◇ たんぱく質の代謝 ◇

 

1. たんぱく質の成分、アミノ酸の代謝に必須
2. 「月経前症候群(PMS)」を軽減する
3. 脳の神経細胞間の橋渡しをする物質を作成

 

体をつくる基礎物質・たんぱく質と脂質の代謝をスムーズにするビタミンで、ピリドキシンとも呼ばれます。

健康な皮膚や髪、葉を保つためにかかせず、不足すると口内炎や皮膚炎などの原因となります。

また、神経の伝達物質の合成にもかかわっています。

妊娠中や月経前後には多めにとる必要があります。

そして、女性におススメしたいビタミンでもあります。

月経前にみられる頭痛、下腹部痛、倦怠感、イライラなどの不快な症状を「月経前症候群(PMS)」と呼ぶがこの軽減にも関係がある。

 

 ◇1日の摂取基準(18歳~)◇

男性 1.6mg 女性 1.2mg

許容上限摂取量 100mg

 ◇多く含まれる食品(含有量は概算)◇

まぐろ1切 80g 0.68mg

さんま小1尾 100g 0.57mg

さつまいも中1本 50g 0.12mg

 

◇ このような方におススメ ◇

・月経痛がある
・肌荒れ
・アレルギー体質(免疫力をアップ)
・ピルを服用

2018.02.23 Friday